週末ごとの旅行者

週末+1か+2でアジアへ。Skyteamメンバーのチャイナエアラインで上級会員を目指します。

SU251(ICN→SVO):Business(1)

【スポンサーリンク】

MAY/2017

 

乗継カウンターはメインターミナルではなく、コンコースターミナルにあるとのことでしたので、シャトルトレインに乗り向かいます。

この ICN のシャトルトレイン乗り場は、かなり深い場所にあると感じます。

こちらの Transfer Desk で無事にボーディングパスを受け取りました。

ラウンジは KAL Concourse Lounge を案内されました。

f:id:nawatchy:20170507144247j:plain

あまり時間もありませんでしたが、出発ゲート(123番ゲート)への途中にありましたので、少しだけ立ち寄ることにしました。
f:id:nawatchy:20170502223805j:image

搭乗開始予定時刻の10分前にラウンジを出ました。

f:id:nawatchy:20170507144419j:plain

搭乗ゲートに到着すると、A333 の姿が見えました。

f:id:nawatchy:20170502223818j:image

実は、SU に搭乗するのは33年ぶりなのです。そのときはエアバスの飛行機なんてものはなく、イリューシンやツポレフに搭乗しました。

もちろん当時はソビエト連邦。サービスもどこか社会主義然としていたのを記憶しています。

※はじめての海外旅行で、最初の外国の地を踏んだのはアンドロポフ書記長時代のソ連でした。

今回、ポーランドへ行くきっかけはとあることが理由です。

ただそのポーランドへ行くために SU を選ぼうと思ったのは、豊富な知識をもとにたいへん役立つ情報をいつも発信されている Pechedenfer さんの SU 搭乗記に触発されたことを白状しないとウソになります。

pechedenfer.hatenablog.com

機内に入ると、明るいオレンジが目に飛び込んできました。
f:id:nawatchy:20170502223919j:image

Welcome Drink は Champagne(Ayala) にします。
f:id:nawatchy:20170502223934j:image

メニューが配られました。
f:id:nawatchy:20170502223952j:image

アメニティポーチはフェラガモです。
f:id:nawatchy:20170503125411j:image
f:id:nawatchy:20170503125427j:image

機内誌
f:id:nawatchy:20170503124815j:image

ほとんどがロシア語で、英語のページは1/4程度しかありません。
f:id:nawatchy:20170503124830j:image

物珍しくあれこれと見ていると、いつの間にかドアクローズとなっていました。

とてつもない美人クルーが登場するセーフティーデモが流れます。

これもまた、アエロフロートを利用したいと思った理由です。

www.youtube.com

余韻に浸っているうちに離陸。

シートベルトサインが消えると、これまた美人のクルーがオーダーをとりに来られました。

これだけで十分に値打ちのあるアエロフロート。

それはさておき、非常に丁寧なオーダーのとり方です。

選択肢が用意されているものについては、順番に選んでいきます。

アルコールドリンク/Dry white wine,Sicily(Italy)

ソフトドリンク/Still water

メインコース/Griled Chicken Breast

パン/Mini French roll

デザート/Sherbet

それぞれ選びました。
f:id:nawatchy:20170503124905j:image

appetizer/Tartlet with tomato and goat cheese 

気分を盛り上げてくれます。
f:id:nawatchy:20170503124944j:image

Entrée/Salmon and halibut with pineapple-celery salad,lemon and salad leaves,served with honey mustard dressing

美味しいです。

サーモンとカラスガレイの身が艶やかで張りを感じます。またほんのりと甘いハニーマスタードドレッシングがうまく全体をコーディネートしてくれているように思います。この Entrée の良さがアエロフロートでは際立っています。
f:id:nawatchy:20170503125000j:image

Salad/Salad leaves with carrot,cucumber and celery,served with Italian dressing
f:id:nawatchy:20170503125015j:image

Mini French roll
f:id:nawatchy:20170503125031j:image

Soup/Mashroom cream soup with croutons and chestnut slices

マッシュルームはもちろんですけれども、クリームの味もしっかり感じられて美味しいです。
f:id:nawatchy:20170503125044j:image

Main course/Griled Chicken Breast with bell pepper and linguine with parsley,served with mustard sauce

鶏ムネ肉なのであっさりしてますが、マスタードソースがその淡白さを補ってていいです。またリングイネも添えられていますので、食べごたえもあります。
f:id:nawatchy:20170503125058j:image

Red Wine/Dry,Côtes-du-Rhône(France)

メインに合わせて赤ワインに変更します。

この French のものと South African とがありました。
f:id:nawatchy:20170503125120j:image

お水も追加でいただきます。
f:id:nawatchy:20170503125135j:image

Dessert/Sherbet with blueberry coulis 

さっぱりした味わいが、料理を締めくくるに相応しいです。

何より、その質に大満足です。
f:id:nawatchy:20170503125152j:image

食事を終えるとモンゴルあたりを飛行しています。

モスクワまで、まだまだ時間があります。
f:id:nawatchy:20170503125209j:image

酔いがまわってくると、眠くなってきましたので、シートを倒して睡眠態勢をとることにしました。

フルフラットシートではありません。
f:id:nawatchy:20170503125306j:image

分厚いブランケットに包まると、眠りに落ちるまで時間はかかりませんでした。
f:id:nawatchy:20170503125452j:image