週末ごとの旅行者

週末+1か+2でアジアへ。Skyteamメンバーのチャイナエアラインで上級会員を目指します。

MH53(KIX→KUL):First

【スポンサーリンク】

SEP/2018

 

半年ぶりに MH を利用します。

CX の Marco Polo Club での GOLD 更新ができました。

これでまたクラブポイントがリセットされましたので、新たなクラブ活動を開始します。

CX の GOLD 会員更新に必要なポイントは600ポイント。

MH ビジネスで BKK までを往復すると140ポイントとなりますので、4回ちょっと往復すればいいだけです。

 

搭乗3日前にアップグレードオファーが届きました。
f:id:nawatchy:20180922071607j:image

KIX⇔KUL は A359 になりましたので、ファーストクラスが設定されることになりました。

そのファーストへのアップグレードオファーです。

A359 のファーストか…乗ってみたいなあ。

落札金額をミニマム(44,455円)にして申し込むと、1時間後には落札完了メールが届きました。

f:id:nawatchy:20180922071833j:image

台風により甚大な被害を受けた関西空港。

2週間ちょっとで、ほぼ復旧しました。
f:id:nawatchy:20180922083125j:image

「MH チェックインカウンター」

以前はなかったであろうチェックインカウンターもファースト用ができています。
f:id:nawatchy:20180922083159j:image
「Aircraft/A359」

いよいよ MH にも A359 が導入され、わが関空にもやってくるようになりました。

新しい機材っていいですね。

ただ航空管制のため、出発が遅れることになりました。

いったんラウンジに戻り、予定より約40分ほど遅れて 10:00 頃に搭乗をいたしました。

f:id:nawatchy:20180922092417j:image

「First Class」

全4席が設定されていましたけれども、利用者は僕1人だけでした。
f:id:nawatchy:20180923083036j:image
f:id:nawatchy:20180926101539j:image

f:id:nawatchy:20180923083059j:image

大きな箱に入っているのはヘッドホン。

KIX-KUL ではアメニティキットは配られません。
f:id:nawatchy:20180923083113j:image
f:id:nawatchy:20180923083127j:image

「Welcome Drink/Pink Guava Juice」
f:id:nawatchy:20180923083142j:image

こんな一口サイズのアミューズも運ばれてきました。
f:id:nawatchy:20180923083156j:image

「Menu」

メニューが配られました。

少々豪華さには欠けます。
f:id:nawatchy:20180930212447j:image

定刻(09:55)より約40分遅れの 10:34 に出発をして滑走路へと向かいます。

少々混雑していたようで離陸のための待ち時間が結構ありました。

AF291(CDG行き) が離陸していきます。
f:id:nawatchy:20180923083232j:image

A 滑走路を北に向かって離陸(10:59)して、神戸沖で左旋回を繰り返して KUL に進路をとりました。

 

「Champagne/Taittinger Comtes de Champagne 2007」

搭載されていたシャンパンは「シャンパーニュの伯爵」。

最高級のシャルドネだけを使って作られ、約10年かけてゆっくり熟成されるそうです。
f:id:nawatchy:20180923083255j:image

「Malaysian Satay」

だいたい通常は3本ぐらいなのに、5本もサービスされました。

このあとに影響しそうです。
f:id:nawatchy:20180923083308j:image
f:id:nawatchy:20180923083320j:image

ゆっくりとサテとシャンパンを楽しみます。

眼下は雲が切れて、地上が見えるようになりました。

高知県から太平洋に出るところです。
f:id:nawatchy:20180923083344j:image

「Bread」
f:id:nawatchy:20180923083357j:image

「Starter/Ossetra Caviar」

豪華さを演出するのに、うってつけな食材。

世界的にも有名な MOTTRA の Ossetra がサービスされました。 
f:id:nawatchy:20180923083411j:image
f:id:nawatchy:20180923083423j:image
f:id:nawatchy:20180923083438j:image

「Starter/Tomato and Basil Soup」

もうこのあたりでおなかがいっぱいになってきました。

サテ5本が効いています...
f:id:nawatchy:20180923083451j:image

「Refreshing Sorbet」

口直しのシャーベット。
f:id:nawatchy:20180923083505j:image

「Main Course/Creamy Mustard Chicken」

赤ワインを飲みたかったので、チキンを選択しました。味のほうは可もなく不可もなくといったところです。

他のオプションは次のとおりでした。

・蒸した魚、スイートチリソース

・ペンネ、パンプキンクリームソース

・和食
f:id:nawatchy:20180923083519j:image

「Red Wine/Domaine Chandon de Briailles Pernand  Vergelesse 1er cru "Les Vergelesses" 2011,Burgundy(FR)」

ワインを赤に変更します。

ほどよく熟成された味わいを楽しむことのできるワインでした。
f:id:nawatchy:20180923083533j:image

「Dessert/Seasonal Fruit」

おなかも苦しくなりましたので、フルーツだけをいただきます。

デザートは次のものが用意されていました。

・New York Cheese Cake

・Häagen-Dazs
f:id:nawatchy:20180923083545j:image

「Dessert Wine/Domaine Les Tailhades Muscat De Saint Jean De Minervois 2014,Languedoc Roussilon」

食事の締めくくりにスイートワインをいただくことにしましょう。

実に上品な甘さで、心地よい余韻に浸ることができます。
f:id:nawatchy:20180923083602j:image

担当をしてくれたクルーは、ちょうど中堅どころといった感じのマレー姉でした。

グラスのワインがなくなりかけるとすぐに注ぎにきてくれます。

おかげで自然とペースも早くなって、かなり酔いもまわってきています。

「必要だったら呼ぶから、ゆっくりしててもらっていいですよ。きっとごはんもまだでしょうからごはん食べててください」

そう冗談ぽく話しかけました。

「ファーストクラスにはあなた1人だけなので退屈なのよ」

全くもって、けれん味のない返し。

面白いですねぇ。

そこから彼女からの質問責めがはじまりました。

「マレーシア航空はよく利用するの?」

「どうして日系のエアラインは利用しないの?」

「マレーシア航空を利用してるわりにはクアラルンプールどころかマレーシア入国はたった2回だけ?」

「東南アジアのどんなところが好きなの?」

「どうしてシンガポールは嫌いなの?」

まさにマシンガントーク。

こららは三八式歩兵銃ならば、向こうはMG42機関銃。

性能差は歴然で、こちらが1つ答えれば、またたくさんの質問がやってきます。

f:id:nawatchy:20180923083613j:image

トイレをチェックしてみました。

アメニティはビジネスと同じ Akka Kappa でした。
f:id:nawatchy:20180923083634j:image

たくさん食べて飲み、そして話もしましたので寝ることにします。

ベッドメイキングも頼めばやってくれたのかもしれませんが、自分自身で行いました。
f:id:nawatchy:20180923093123j:image

このあとはぐっすりです。

機長からの「まもなく降下を開始する」というアナウンスで目を覚ましました。

すぐさま担当クルーがやってきて、ドリンクの希望を聞いてくれます。
f:id:nawatchy:20180923083704j:image

KUL へ向けて高度を下げていきます。
f:id:nawatchy:20180923083718j:image

ほぼ同じスピード、同じ高度の Air Asia の機体が横に見えます。

あちらは KLIA2 へ着陸します。f:id:nawatchy:20180923083751j:image

KUL には 15:59 に着陸して、16:05 にゲートに到着しました。
KUL 付近の天候は曇り、気温は30℃。

半年ぶりの KUL。

アナウンスが流れる際のメロディーに、KUL に到着したことを実感させられます。