週末ごとの旅行者

週末+1か+2でアジアへ。Skyteamメンバーのチャイナエアラインで上級会員を目指します。

CX653(HKG→BKK):Business(F開放)

JAN/2020

 

乗継の保安検査場を通過して、出発階へ。

そして目の前にあった「鏞記」に立ち寄ります。

f:id:nawatchy:20200111120958j:image

お目当てはこちらの Signature Roasted Goose。

結構いい値段(750HKD)がしますけど、お酒の相手として申し分ありません。
f:id:nawatchy:20200111121006j:image

「The Pier」

買い物をした後は、CX ラウンジへ。
f:id:nawatchy:20200112120940j:image

「Espresso Single」

シングルショットでもダブルショットでも、好きなほうを選べます。
f:id:nawatchy:20200111121014j:image

「Aircraft/B77W」

出発ゲートは63番。

「The Pier」からはすぐのゲート。

ここでまさかの赤ランプ。

「シートが変更になってます」

「えっ⁉」

見るとシングルの座席番号。

まさか…

f:id:nawatchy:20200111201511j:image

指定されたシートはファーストクラスのもの。

実は CX のファーストクラスは初めてなのです。
f:id:nawatchy:20200111201535j:image

天にも昇る気持ちでしたが、ボーディングパスをよく見ると「Business」と印字されています。

そう、ファーストへのアップグレードではなく、F 席開放だったようです。

f:id:nawatchy:20200111201551j:image

オットマンまでがとても遠いです。
f:id:nawatchy:20200111201601j:image

花も飾られていましたが人工物でした。
f:id:nawatchy:20200111201615j:image

ロッカーは個別にあります。
f:id:nawatchy:20200111201627j:image

「Welcome Drink/Champagne」

F 席開放とはいえ、温められたナッツが提供されたり、何度もシャンペーンを勧められるなど、いつものビジネスとは少し勝手が違いました。

すごくいい気分で、離陸前の時間を過ごしました。
f:id:nawatchy:20200111201638j:image

定刻(12:00)より少し遅れて 12:10 にゲートを離れて、滑走路へ向かいました。

 

「SU213」

ここは HKG。

SU には道を譲ってもらいましょう。
f:id:nawatchy:20200111201653j:image

離陸待ちが少しあり、香港国際空港を離陸したのは 12:26 となりました。

雲を突き抜けると、青い空と白い雲。

いつもより美しく感じます。
f:id:nawatchy:20200111201704j:image

「White Wine/Marchesi Antinori Tenuta Guado al Tasso Vermentino di Bolgheri,Tuscany(IT)」
f:id:nawatchy:20200111201809j:image

温められたナッツもあらためてサービスされます。
f:id:nawatchy:20200111201822j:image

「Lunch」

ゆっくりとワインとナッツを楽しんでいると、食事が運ばれてきました。
f:id:nawatchy:20200111201847j:image

「Starter/Parma ham with melon」

王道的な前菜です。ワインにぴったりなのが嬉しいところ。
f:id:nawatchy:20200111201902j:image

「Bread」
f:id:nawatchy:20200111201918j:image

「Main Course/Steamed black cod with preserved mustard green and chinese olives,choy sum,carrot and steamed jasmine rice」(広東料理)

魚かビーフかを悩んで魚を選択。

いつもどおりチリソースも添えられていて、これを使うとソースの味がより豊かになります。

このほかの選択肢は次のとおりでした。

・Beef stroganoff with green bean and butter spaetzle(洋食)

・Thai green chicken curry with kai lan and steamed rice(タイ料理)

f:id:nawatchy:20200111201928j:image
f:id:nawatchy:20200112170134j:image

「Garlic Bread」

CX で出されるガーリックブレッドは結構おいしいと思います。

これだけでワインを飲めます。

洋食には欠かせないと思うのですが、日系の2社はいまだに出ないようです。

昔、勉強した簿記でいえば、貸借対照表を作成せよという問題で貸借がバランスしない答案と同じ。

いくら部分点を稼いでいたとしても、その失点のみをもって不合格になるようなものだと思っています。

ウェルカムシャンパンをプラカップで出すなど、どこか基本が間違っています。

f:id:nawatchy:20200111201940j:image

「White Wine/Cave d'Azé Mâcon Villages 'Clocher',Burgundy(FR)

主菜やガーリックブレッドには、イタリアのワインでは弱々しく感じたので、フランスのものに変更します。
f:id:nawatchy:20200111201952j:image

「Häagen-Dazs/Zesty Yuzu & Orange」

フレーバーは3種類の中から選択。

f:id:nawatchy:20200111202003j:image

食事を終えると海南島から南シナ海へ出るところ。
f:id:nawatchy:20200111202014j:image

食事を終えても、まだワインを勧められます。

フランスのもののほうが好みだったので、そちらをいただきます。

f:id:nawatchy:20200111202042j:image
とても幸せな時間。

時を慈しむとはこのようなことなのでしょう。

f:id:nawatchy:20200111202032j:image

トイレに行くと、アメニティが Jurlique から bamford に変更されていました。
f:id:nawatchy:20200111202112j:image
あっという間の02時間30分でした。
f:id:nawatchy:20200111202054j:image
スワンナプーム国際空港には、13:44 に着陸をして、定刻(14:20)よりもかなり早い 13:52 にゲートに到着しました。
こんな時に限って早着。

もっとゆっくりでいいのに…

BKK 付近の天候は晴れ、気温は31℃。

あいかわらず乾季の Bangkok です。